NPO法人 金田台の生態系を守る会のホームページへようこそ!

シンボルマーク
シンボルマーク

金田台(こんだだい)の生態系を守る会』は、

茨城県つくば市にある「金田台」という場所の自然保護を目的とした活動団体です。

 

金田台は国指定の金田官衙・金田城跡など遺跡が多く、また自然も豊かで「オオタカ」や「サシバ」、「フクロウ」などの猛禽類を頂点とした食物連鎖の営みが繰り返され人と生き物が共存してきました。

生命を生み出す大地の野や畑や樹林地、湿地など多様な自然環境は生物多様性を維持するためには必要不可欠です。

 

この魅力的な自然環境を保全し、次世代へ継承することは、持続可能な社会をめざすことでもあると考えます。『金田台の生態系を守る会』では、自然体験を分かち合い森林や生き物を守る仲間を募集しております。